腹式呼吸を身につけよう

腹式呼吸を身につけよう

あいさつは大きな声で、
はっきり、元気良く

 

といったスローガンを掲げている学校、会社はおおいですね。

 

大きな声で元気よく挨拶というのは不快に感じる人は少ないはずです。

 

地声の大きな人なら苦にならないでしょうが、元々あまり大きな声の出せない人はいますよね。
すぐ喉を痛めてしまう人にしてみたら、結構つらい課題です。

 

そこで喉を痛めずに声量を増すことができる腹式呼吸がおすすめです。

 

腹式呼吸は、

 

1.お腹がふくらむのを確認して、5秒程かけてゆっくりと鼻から息を吸う。
2.5秒くらい息を止める。
3.ゆっくりと10秒ほどかけて、口から息を吐ききる。

 

という呼吸繰り返していきます。

 

お腹に空気が入り、腹筋が動いている感じを確かめながらやることが大切です。

 

今一実感できないという場合は、仰向けに寝転びながらやってみてください。

 

腹式呼吸は挨拶だけでなく、普段の話し方にも影響します。

 

はっきりとした聞き取りやすい話し方が身を身につけるために、話し方教室などでも取り入れられています。

 

また、腹式呼吸はダイエットにも良いですね。腹式呼吸ダイエットは、腹筋を使います。

 

腹式呼吸を続けることで、むくみや肩こり、女性に多い生理痛や便秘、冷え性を改善されると評判です。

 

一度コツさえつかめば、難しいものではありません。

 

身に着けておいてください。